結婚指輪と婚約指輪の違いとは

プロポーズや結納で貰うのは?

婚約指輪はプローポーズをする時に用意する男性は多いですね。実際にプロポーズで指輪をもらう女性がほとんどだと思います。中にはプロポーズの後結納の時に結納品の一つとして渡す人もいます。どちらが正しいというのは特にありませんが、プロポーズの時に用意出来なかった場合には結納で渡したり、両家の結納のやり方などを相談して用意すると良いと思います。結婚は家同士ですから早くもお互いのやり方やしきたりを尊重するのは重要なのです。
これとは違い結婚指輪は結婚してからずっとつけるものです。入籍時に用意してつける人もいますが、挙式が後の場合には挙式までに間に合えば良いのです。一生つけるものなのでシンプルなデザインが好まれます。

合理的で無駄の無い指輪の使い方

婚約指輪は結婚前に男性が女性に渡すもの、結婚指輪は結婚する時ですが、実際に婚約指輪って滅多に使わない人も多いものです。中には一生しまい込んでしまう人も。これ、凄くもったいないと思いませんか?
実は婚約指輪をそのまま結婚指輪として使用する人もいるんです。これは新郎側と相談して始めから結婚指輪としても使えるデザインにしておいたり、挙式前にリフォームする人もいます。最近の婚約指輪はストーンを使っていないデザインも増えているんです。また、爪の無いものだったりデザインをシンプルにすればストーンがあっても普段使いに邪魔にならなりません。せっかくの指輪ですから箪笥にしまいっぱなしにしない方がプレゼントした方も嬉しいですし、無駄がないですね!

結婚指輪を作ると、クリーニングなどの目的で購入したお店を訪れることになります。得意客としてブランドショップに入れるチャンスを得る、それが結婚指輪を銀座で購入するメリットです。